So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

プロジェクト・タスクを常に見直し、やるべきことを確認しよう。

プロジェクト=計画が明確になったら、ステップ=過程ごとに目標を設定してください。

大きなプロジェクトは細分化してタスク=仕事の最小単位まで小さくしていきます。
頭の中にある行程は直ぐに忘れてしまったり、上書きされてしまうので今度はアウトプットしていきます。

そうすることによって見える化するのです。
見える化することによって、脇道に反れることを防いだり、見直すべき点が見えてきます。

チームでプロジェクトをに取りかかっている場合も、
個人個人の作業行程や段階、結果までを把握することが出来ます。

現時点の把握、問題の検討、期限までの日数を常に意識してください。

人に任せるのもひとつの方法です。
任せた場合は、次のことに気をつけましょう。

①どんな結果を望んでいるか?
②ガイドラインやルール
③活用できる資料や予算
④評価の基準と期日
⑤結果による報酬

プロジェクト・タスクを常に見直し、やるべきことを確認しよう。

もっと詳しく知りたい方は

=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

プロジェクトをタスクに落とし込む、タスクを1つずつ潰していく。

メモを書く習慣ができれば、仕事や勉強のプロジェクト=計画を考えるときにも役に立ちます。

簡単な仕事なら、頭の中でストーリーを考えて実行していけばよいですが、
大きなプロジェクトとなるとそうはいきません。

仕事を細分化してタスク(仕事の最小単位)にまで落とし込んでいきます。
段取りや期限を考えて目標を立てます。

計画したスパンまでに目的を達成させるためには、
どうしたらよいか考えていきます。

これがベストまたはベターだと思える答えが出てから、
その工程に取りかかって下さい。

見切り発車はときと場合によってはNGです。
客先でのプレゼンテーションなら、
ミスは今後の仕事を左右することになりますから、周到に準備しましょう。

そしてタスクを1つずつクリアしていき目標に近づけていきます。

プロジェクトをタスクに落とし込む、タスクを1つずつ潰していく。

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

頭の中に抱えているとストレスとなる。全部頭から出して「見える化」しよう。

自分の目的が決まり目標が定まったら、
頭の中にある考えをアウトプットしましょう。

人間の脳は、様々な情報を瞬時に処理しています。
よいアイデアも頭の中にあると、忘れてしまったり上書きされてしまいます。


インプットした情報は必ずアウトプットする癖をつけましょう。


アウトプットすることでオリジナルのデータが残ります。
その方法を実行した結果が、思ったほど効果に現れなくても基本に返ることができます。
また、別の方法を思い付くキッカケになるかもしれません。

最初から綿密な計画を立てる必要はありません。
初めはメモでもよいので、なるべく箇条書きにして残しておきましょう。

気になっていることを、頭の中だけで覚えていようとすると、
そのことが気になってストレスとなり、作業の効率も悪くなります。

頭の中に抱えているとストレスとなる。全部頭から出して「見える化」しよう。

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

目標を達成するためのプロセスを描こう!プロセスなくして成功はあり得ない。

さて大きな目的地が定まったら、次は小さな目的設定です。

仕事なら今期の課題や売り上げが目的ですし、
受験生なら志望校合格という目的があります。

目的地が定まったら、その目的のために何が必要か?考えてみましょう。
時間、場所、お金(経費)、その他諸々、必要なモノを準備します。

そして作業に取りかかる前に、プロセスイメージしてください。
段階は目標となり、大きな仕事やスパンの長いものは細分化していきます。

ここで注意したいのが、どんなに用意周到に準備しても、
予測のつかない事態や現象は起こり得ます。

初めは感覚的に決めてしまって構いません。
作業をしていく中で、修正していけばよいのです。

必要以上に悩む必要はあるません。
あなたの目的地と最初の目標が定まったでしょうか?

目標を達成するためのプロセスを描こう!プロセスなくして成功はあり得ない。

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

優先順位はどこにあるか?目的地のため目標があるのだ!

自分の目的とは何か?
人生についての目的地が定まっている人もいるでしょうが、そんな人は極々少人数だと思います。

子供のころから憧れていた職業に就けた、と言う人もいるでしょうが、
受験生や新卒の若い人に人生の目的は?夢は?と問いかけても回答に困ってしまうと思います。

ベテランと言われる年齢の人でも、まだ回答を出せずにいるのではないでしょうか?
そもそも目的を掲げて生きている人など、回りを見回してみても見当たりません。

では、何を基準に目的を決めればよいのでしょうか?
人は自分の優先順位に基づいて行動しています。


家族、仕事(勉強)、お金、趣味、興味…など、
優先順位が決まっています。
あなたの優先順位に基づいて結果がきまるのです。


例えば、急な仕事の依頼があったとき
休日は家族と過ごすと決めている人なら断るでしょう。
仕事優先な人なら率先して受けるでしょう。

自分の優先順位がどこにあるかで、あなたの目的地も大きく変わってくるのです。
その目的に近づくために、あるいは達成するために目標があるのです。

先ずは、あなたの優先順位を定め目的を決めましょう。
その過程での段階が目標となるのです。

優先順位はどこにあるか?目的地のため目標があるのだ!

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

とりあえずでも目標を掲げない限りイメージのしようもない。

人生の目的とは何でしょうか?

幸せになるため?

漠然とした大きな目的とすればそれも間違いではないでしょう。
では幸せになるためには何が必要でしょうか?

たくさんのお金が必要でしょうか?
それとも時間に縛られない自由?
両親や大切な友達?会社での地位や名誉?

個人個人の目的地が違うように、幸せの形も千差万別です。
大きな夢や目的がなくとも、小さな目標を持つことは大事なことですね?

有名な「7つの習慣」にも身近なことから始めてみて、
何日か続いたら自分を褒めてあげようとあります。

暗記に方法についても、
どんなに優れた記憶術を用いてもネガティブな思考が海馬の活動を低下させてしまうのです。

自分に自信を持って目標を掲げましょう。
その小さな1歩が人生を変えてくれるキッカケになるのです!

とりあえずでも目標を掲げない限りイメージのしようもない。

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

「頂上に向かって歩けているか?」迷ったときは自分に問い直そう!

目的地に向かって真っ直ぐ進んでいるか?
脇道に反れたり遠回りをしていないか?

あなたの目的地はどこでしょうか?

某有名大学に合格することでしょうか?
超一流企業に入社することでしょうか?

その目的のために真っ直ぐ頂上に向かって歩いているでしょうか?

息抜きのはずが、ゲームに夢中になって勉強時間が短くなったり、
友達との遊びが優先になったりしていないでしょうか?

就職して働いている人なら、
まだ間に合うと期限が先のものほど疎かになっていないでしょうか?
メールの確認客先への返答など、面倒なことは後回しになっていないでしょうか?

上司のアドバイスに耳を傾ける余裕が、今のあなたにありますか?
後輩のミスに腹をたてるだけになっていないでしょうか?

会社でのあなたの目的地はどこでしょうか?
少なくとも、今年の目標に近づいているでしょうか?

「頂上に向かって歩けているか?」迷ったときは自分に問い直そう。

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

日々の作業の積み重ね、それが結果を生むのだと知ろう。

勉強や仕事の調子が出ないときは、どうしたらよいのでしょうか?

例えば、一流と言われるスポーツ選手は、調子の悪いときはどうしているでしょう?

男子テニスの錦織選手は、世界ランキング4位までいきましたが、
現在は7位までランキングを落としてしまいました。

男子サッカーの世界では、セリエAのACミランで活躍している本田選手も、
移籍当初は今のように活躍していませんでいた。

彼らは、これではいけないと、練習量を倍にして頑張ったのでしょうか?


答えはNoです!


練習も調子が悪いからといって、闇雲に練習するのではなく、どこが悪いのか?
修正点があればそこを修正しますが、オーバーワークにならない程度にこなします。

つまり、いつも通りの練習を消化するのです。
試合数も年間を通して決まっていますから、調子が悪いからといって
練習や試合数を極端に増やすことはありません。

自分が掲げた年間の目的に向かって、自分に課した目標を「コツコツ」こなしているだけなのです。

他人に何を言われてもブレることなく、自分の目標に突き進んでいくのです。
この地道な努力こそが、一流に必要な要素なのかもしれません。

勉強や仕事も浮き沈みが激しいと、目的地までたどり着くことは難しくなるでしょう。

日々の作業の積み重ね、それが結果を生むのだと知ろう。

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

ステップ数の多い作業は時間がかかる。…ような気がするだけかもしれない。

あなたはを仮に新卒の会社員だとします。
会社までどうやって通勤しようか?ルートを調べますよね?

例えば、会社の始業時間がAM9:00だとします。
「会社に9時前に入らないといけないから、
会社の最寄り駅には8時45分には着いていないとまずいな。
そうすると、家からバス停まで5分、
バスに乗って最寄り駅に着くのが7時45分前後なら十分間に合うな」と計算しますよね?

ステップ数は、
①家からバス停まで。
②バス停から最寄り駅。
電車間(家の最寄り駅~会社の最寄り駅)
④最寄り駅から会社までの徒歩。

と以外にステップ数が多いのが分かります。
しかし、一ヶ月も経たないうちに、あなたはこのステップ数を苦もなくこなしているでしょう。

ここで一番重要なのが、時間を計測していることです!
勉強も仕事もステップ数が多いものほど敬遠したくなるものです。

しかし、時間を計ることによって以外と時間がかからない発見があるかもしれません。

ステップ数の多い作業は時間がかかる。…ような気がするだけかもしれない。

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください

時間を読むには、ひとつひとつの作業を計測するしかない。今すぐやってみよう!

時間のギャップステップ過多がストレスになっていませんか?

この作業は工程が多くて面倒だ。
この教科は覚えることが多くて大変だ。

ネガティブなイメージが具現化するほどに、
ストレスとなってあなたのやる気と集中力を削っていきます。
やる気物質ドーパミンの分泌も、そこで止まってしまうのです。

面倒だと思っている作業は、どれくらいかかるのでしょう?
人間の感覚は、自分に都合のよい方に偏ります。
その面倒な作業は、本当に大変は作業なのでしょうか?


そこでストップウォッチを用意して、作業を段階別に分けて時間を計ってみましょう。


正確な時間を計ることによって、感覚的な時間の誤差を修正していきます。
段階を細かく分割することで達成感に繋がります。

あなたが心地好いと感じることで、やる気と集中力が高まり、
ドーパミンの分泌活動も上昇するのです。

時間を読むには、ひとつひとつの作業を計測するしかない。今すぐやってみよう!

もっと詳しく知りたい方は
=>「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」を一度観てください
タグ:時間 計測 読む
前の10件 | -
Copyright © 「天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】」 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。